《Dr.石井のしつけ講座》

◆犬の服従訓練(しつけ)
 と問題行動の予防

01 はじめに

02 犬の本能・習性と正常行動

03 犬の学習理論

04 社会化期

05 しつけ:服従訓練とオペラント訓練技法1

06 しつけ:服従訓練とオペラント訓練技法2

07 問題行動と行動療法1- 攻撃行動について -

08 問題行動と行動療法2- 攻撃行動について -

09 問題行動と行動療法3- 攻撃行動について -

10 問題行動の予防

.
《Dr.石井のしつけ講座》
トップ

.

犬の服従訓練(しつけ)と
問題行動の予防[6]

「しつけ
 服従訓練とオペラント訓練技法2」

.

4:オペラント訓練技法
オペラント訓練技法の理論についてはオペラント条件づけの項で説明しました。ここでは、この条件づけを用い犬に「スワレ」、「フセ」、 「マテ」、「コイ」などの号令をしつける方法について説明します。オペラント訓練技法は犬にさせたい動作・行動を強制的にさせるのではなく、自発的、 積極的、喜求的に飼い主の求める動作や行動をさせる方法です。報酬(ご褒美としてごく少量のお肉など)をタイミングよく与え(強化)、繰り返すことにより訓練します。

(1)「スワレ」のしつけ
犬をたたせておき、褒美を握った手を犬の鼻先から頭の後ろに向かって移動させます。犬が座った瞬間に褒美を与え、「よーし」と声で褒めさらに頭をなでてあげます(二次的強化)。 これを何度も繰り返します。完全にこの動作が出来るようになったら、今度は座った瞬間に「スワレ」と言葉をかけます。やはりこれも何度も繰り返すと、言葉だけで座るようになります。 褒美として「よーし」あるいは頭を撫でるだけにしていきます。

(2)「フセ」のしつけ
犬をスワレの姿勢にしておき褒美を握った手を今度は犬の前の地面につけます。犬が褒美につられ姿勢を低くすると自然に伏せの姿勢になります。伏せをした瞬間に褒美を与え、同様の 動作を繰り返します。動作を学習したら、今度は伏せをする瞬間に「フセ」と号令をかけ、これも繰り返し行うと号令だけでフセをするようになります。「スワレ」の時と同様に、 食べ物の褒美に加え、言葉と愛撫による褒美も忘れてはいけません。

(3)「マテ」と「コイ」のしつけ
マテのしつけのポイントは、犬に「待っていれば必ずご褒美がもらえる」ということを学習させ、待つことを教えていくことです。犬を座らせ、飼い主に注意を引きつけておきます。 少し離れますが犬が立とうとしたら立つ前に戻り褒美を与えることを繰り返します。この動作が出来たら今度は離れる前に「マテ」と言葉をかけ離れます。徐々に離れる距離を長くできれば 成功です。待つことが出来たら離れた位置で「コイ」と言葉をかけます。言葉をかけると同時に2〜3歩後ろに下がります。犬がついてきたらすぐに褒美を与えます。

オペラント訓練技法のコツはご褒美の餌と同時に褒め言葉(「よーし」など)と頭を撫でて褒めることを行うことです。そうすると、最終的には褒め言葉や愛撫だけでも犬は自ら進んで 喜んで飼い主の号令に従うようになります。訓練の途中で与える褒美も号令に従うようになった時点で不規則(褒美を与えたり、与えなかったりする)に与え、その後は徐々に減らしていくと良いでしょう。

5:生活環境に慣らす
たとえ社会化期に社会化がうまくされたとしても、犬が実際の飼い主の環境全てに適応するわけではありません。他人や他の犬(犬が嫌いな人、あるいは適切な社会化期 を過ごしていなかったり、支配性攻撃行動をとる犬にはいけませんが)に対し慣らしていき、商店街や街中でも飼い主を信頼し、安心して行動が出来るように訓練することが大切です。犬と犬が出会うと 社交的情報交換とも言うべき行動(お互いの臭いを嗅ぎあう)をとるものです。このとき喧嘩になるようでは安心して街に出ることも出来ません。

6:しつけをしないことによる不利益

1)犬を飼う楽しさの半減
しつけをせず言うことを聞かない噛みつく犬と、しつけのできた信頼関係のある楽しい犬を比べたとき、どちらの犬を飼いたいと思うかは明らかです。飼い主さんの考え方にもよりますが・・・

2)犬の健康管理ができない
しつけをせず支配性攻撃行動を示す犬の場合、ブラッシングやシャンプーを行うこともできないばかりでなく、病気になっても動物病院に連れて行くこともできなくなります。たとえ連れて行ったとしても 必要な検査や治療が困難なことも多々あります。

3)病気になりやすい
しつけをしていないと、常同症をはじめとする「しつけ」をしていないことによる疾患に罹ることがあります。こうした疾患はしつけが原因のため、薬ですぐに治すというわけにはいかないことが少なくありません。 さらにしつけをしていない犬は常に支配的立場を維持しなければならないというストレスや攻撃的な生活は常に交感神経を興奮状態にしているため、様々な疾病にかかりやすい状態にさらされるということになるのです。


copyright(c)2003 [Evergreen Dog Field] All Right Reserved
.