《Dr.石井のしつけ講座》

◆犬の服従訓練(しつけ)
 と問題行動の予防

01 はじめに

02 犬の本能・習性と正常行動

03 犬の学習理論

04 社会化期

05 しつけ:服従訓練とオペラント訓練技法1

06 しつけ:服従訓練とオペラント訓練技法2

07 問題行動と行動療法1- 攻撃行動について -

08 問題行動と行動療法2- 攻撃行動について -

09 問題行動と行動療法3- 攻撃行動について -

10 問題行動の予防

.
《Dr.石井のしつけ講座》
トップ

.

犬の服従訓練(しつけ)と
問題行動の予防[9]

「問題行動と行動療法3
 - 行動療法について -」

.

行動療法
問題行動治療の一つの方法ですが、この方法で全てが解決するわけではありません。しかし問題行動の多くが「しつけ」の失敗によることが多いことから、犬の飼い主には知っていてほしい方法です。問題行動の原因は複雑なこともあり、素人判断による行動療法はかえって逆効果になることもあります。獣医師や訓練士の綿密な計画と適切なアドバイスのもとに行わなくてはならないことも少なくありません。

1:飼い主と犬との関係の再構築
飼い主の支配性の確立を行うことで多くの問題行動は解決します。とくに権勢症候群は犬の支配性を示す問題行動です。その他の問題行動にも飼い主の支配性(優位性)の欠如が原因のことがかなりあります。

2:ストレスの緩和
不安や葛藤などを誘発する状況があればそれを取り除くことが必要です。飼い主の犬に対する態度でよく問題になる例として、不適切な罰、犬に対し家族の一貫性のない対応などにも注意しなければなりません。
また、犬の行動ニーズを満たさないような飼育環境の場合は飼育環境を改善する必要があります。

3:問題行動を引き起こす刺激の除去あるいは修正
問題行動を望ましい行動に変化させる方法で行動修正法とも呼ばれ、学習理論に基づいた方法です。代表的なものについて説明します。

A:馴化
犬は新しい刺激にさらされると驚いたり不安をおぼえる事がありますが、この刺激が徐々にそして何度も繰り返されるとしだいにその刺激に馴れていきます。この過程を馴化といい、大きな音への馴化などです。馴化を応用したものに氾濫法と系統的脱感作があります。
1)氾濫法(洪水療法)
犬が反応を起こすのに十分な刺激をその反応が枯渇するまで繰り返し与える方法です(あまりお勧めできません)。
2)系統的脱感作
犬が問題行動を刺激であっても、その反応を起こさない程度の弱い刺激を繰り返し与え、犬が反応を起こさなければ徐々に刺激の程度を強めていき、最終的には反応を起こしていた刺激まで強めても反応が起こらないようにする方法。逆条件づけと併用すると効果が高くでます。

B:逆条件づけ
問題行動を起こす刺激に反応したときに、問題行動とは全く別の好まし行動をするように条件づける方法。
例えば、留守番をすると破壊活動をする犬に、徐々に留守番の時間を長くする(系統的脱感作)とともに留守番のときのみに報酬を与える(逆条件づけ)などです。
あるいは、縄張り性攻撃行動の場合、友人などに頼み犬が吠えない距離まで近づいてもらい、そのときに「オスワリ」と号令をかけ、吠えなければ褒美を与えます(逆条件づけ)。そして近づく距離をだんだんと狭めていきます(系統的脱感作)。
行動の変換代入法(反応の変更)とも呼ばれます。

C:消去
問題行動に対し報酬となっているものを除去し、その行動を撲滅させることです。例えば、食事のときに食べ物を欲しがる犬の場合(食べ物を与えなければならないのですが)は無視し報酬(食べ物)を与えない方法です。しかし、多くの場合飼い主が無意識のうちに報酬を与えていることが(他人に吠えかかる問題行動の場合、飼い主は怒っているつもりでも、犬にとっては加勢であったり、あおっていると思うことがあります)少なくありません。

D:注意散漫法
気を散らすことで、驚いたり、不快になるような刺激で犬の気を散らして、問題行動を引き起こす刺激に反応しないようにする方法です。逆条件づけと併用すると効果はさらに増します。


copyright(c)2003 [Evergreen Dog Field] All Right Reserved
.